なかなか子宝に恵まれない時に選択肢として残しておきたい卵子提供

マタニティ

子供が欲しい夫婦は卵子提供も視野に入れる

妊婦にリボン

卵子提供は、生まれつき卵巣機能のない方、早期閉経した人に子供を授けることのできる方法です。また、子宮がん、卵巣がんなどで卵巣をとった人にも適している治療法です。姉妹間での提供は国内でも、病気などのやむをえない患者にかぎり認められています。
しかし、他人からの卵子提供は今国内では認められていません。卵子提供は、提供する側にも、体に負担がかかります。まず、排卵誘発剤を使い、多数の卵子を育てます。十分に育った卵子を排卵寸前に採取するために、何度も卵胞チェックに通う必要があります。
排卵してしまっては、卵子が採れなくなってしまいますし、十分な大きさに育っていなければその後うまく受精しないからです。では、姉妹がいない場合は、どうしたらよいのでしょうか。やはり他人から提供してもらうしかないのですが、今は国内では認められていません。
ですから、海外に在住している人に頼むことになります。卵子提供は海外ではビジネスとして成立しています。まず、エージェンシーに相談し、希望の人種があれば、伝えます。彼等は、提供希望者の女性の詳しい情報(肌の色、目の色、学歴など)の入ったリストを持っています。スタイルの良さや学歴などの高さなどは、そのまま値段に反映されています。
アメリカに留学している日本人学生も、留学費用を稼ぐために登録している人も多いので、日本人を希望する事もできます。

卵子提供への理解を深めるなら今が絶好のタイミング

子供が欲しいのに妊娠できない「不妊症」は現代では多くの夫婦が抱える悩みの一つとなっています。
「妊活」や「不妊治療」「マタハラ」なんて言葉も頻繁に耳にするようになってきましたし、今や日本中が妊娠出産に興味を持っているような風潮です。
このように妊娠出産に対してずいぶんとオープンなイメージになってきた現代社会では不妊治療をしていても驚かれることはほとんどなくなってきました。
しかし「卵子提供」となると話は別です。
卵子提供は既に不妊治療のひとつとして欧米やアジアの国々で一般的になりつつありますが、日本では基本的には認められていません。
それは血縁を大事にする日本人の文化という問題や各機関が足並みを揃えての法整備が難しいという問題からです。
しかし、妊娠を望んでいる夫婦の中には日本のそのような現状に見切りをつけて国外での卵子提供に至る場合もあります。
国外での卵子提供はエージェンシーに相談することで日本人でも可能になります。
そうやって誕生する子供は日本でも増えており、その子供たちの権利問題も合わせて早期の法整備が待たれる部分でもあります。
妊娠出産に日本国民が興味を持ちはじめている今の時期に不妊治療に関してもぜひ理解を深め、新しい治療なども含めて積極的に取り入れていけるといいと思います。

卵子提供エージェンシーへの相談はどのタイミングがいい?

妊娠の確率を大きく下げてしまう原因が、卵子の老化です。そのため、30代後半や40代など、高齢出産を呼ばれる年齢になれば徐々に妊娠の確率が下がっていくことになります。そんな状態を改善したい時に有効な方法が、卵子提供プログラムの活用です。若い女性から老化が始まる前の卵子の提供を受けることで、妊娠の確率を高める卵子提供プログラムであれば、高齢出産や超高齢出産といわれる年齢になっても妊娠の可能性を高めていくことができます。そんな卵子提供を受けるためには、まず卵子提供プログラムのエージェンシーに相談をすることになります。
卵子提供プログラムのエージェンシーへの相談は、メールで手軽に行えるようになっていることが殆どです。メールであれば、365日24時間いつでも気軽に問い合わせをすることができます。そのため、卵子提供に興味を持っているのであれば、1度エージェンシーに問い合わせをしてみると良いでしょう。超高齢出産と呼ばれる年齢になっても、妊娠を目指せると注目を集める卵子提供ですが、申し込めばすぐに受精卵の移植へと進む訳ではありません。体外受精までに検査やドナーとのマッチングなどの工程が必要となるため、卵子提供を受けたいのであれば早めに相談をしておくことがおすすめです。


不妊治療の選択肢として卵子提供を取り入れてみることをお勧めします。
業界最大級のエージェンシーであるメディブリッジなら多くの実績と成功例があるので安心です!

ピックアップコンテンツ

卵子提供や精子提供で不妊治療の可能性が広がります

平成28年の統計を見ると女性の平均初婚年齢は約29歳、それに伴って女性の初産の年齢も徐々に高齢化しています。今では大体30歳が平均的な初産の年齢となっていますが、初産に適した年齢は身体的に見ると20歳~25歳であるとも言われています。適しているというのは妊娠しやすく、母親にも子供にも妊娠出産時の負…

MORE

新着記事

  • 卵子提供を依頼する前に夫婦で話し合うべきこと

    不妊治療をされている夫婦の割合は増え続けており、今では6組に1組の夫婦が不妊治療や検査を受けているとも言われています。不妊の原因も色々ありますが、女性側の卵子に問題があって妊娠を成立させ…

    MORE
  • 着床前診断を受けると何がわかるのか?

    卵子提供を行うときは、提供を受けた卵子と夫の精子を体外受精させます。着床前診断を受けると、受精卵の段階で遺伝による病気や染色体の異常を見つけることができます。受精卵を妻の体に移植する前にわかりま…

    MORE
  • 卵子提供や精子提供で不妊治療の可能性が広がります

    平成28年の統計を見ると女性の平均初婚年齢は約29歳、それに伴って女性の初産の年齢も徐々に高齢化しています。今では大体30歳が平均的な初産の年齢となっていますが、初産に適した年齢は身体的…

    MORE
  • あなたの身近にも卵子提供を行っている夫婦がいるかもしれません

    不妊に悩む夫婦の中でも女性の卵子に問題がある場合、子宮に問題がなければ卵子提供という方法で子供を持つことが可能です。この卵子提供を受けて子供を産む夫婦というのは年々多くなっており、年間で…

    MORE